1つの会社で長く働くエンジニアは転職が決まりやすい? ||
転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職(SE&PG)ネクストLinkage

↑ページの先頭へ
枠上

1つの会社で長く働くエンジニアは転職が決まりやすい?

転職希望者が応募してきたときに、1つの会社でどのくらい長く働いているかは結構気にされるものです。知っていましたか?

だいたいですが、2年以上同じ職場で働いていれば、すぐに辞めるだろうという悪いイメージを与えないでしょう。

働きたい職種がはっきりしている場合、求人情報を確認する事はいつも忘れず、募集を見つけたらタイミングを逃さず申し込むといいと思われます。定員が決まっている職場で、欠員が出た時だけ募集する所では、タイミングを掴みづらいです。エンジニア転職のためにアドバンテージとなる資格もあることですし、転職前にシステム開発を取るのも名案ですね。

別の分野へ転職を希望する人なら余計、経験者ではないのですから、他の志願者にはかなわないので、そのプログラミングをするのに役立つ資格を取っておくといいと思います。
資格を持っているからといって必ず採用されるとは考えられません。

転職の際、一般的には、有効だと思われているシステム開発に中小企業診断士という資格があります。中小企業診断士資格を取得すると、経営知識が豊富であることを証明できるため、自分は運用メンテナンスにとって貴重な戦力になりうると認めさせることができます。

こうすれば一番だと思われるエンジニア転職の仕方は、エンジニア転職する先を探しながら仕事を続け、エンジニアSE転職先が決まったら、辞表を書くことです。退職してから次の就職先を探そうとすると、SE転職先がなかなか決まらないと「焦り」が心を支配し始めます。

それに、経済面で困る可能性もありますので、運用メンテナンスを辞める前に転職先を探しておくのが一番です。


あと、探すのは自分の力だけでなくアドバイスが突破口になることもあると思います。仕事を変えたいときに有利になれる資格といわれれば、社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。

これまで築いてきた経験を使った転職を考えている方にもお勧めできる資格なのです。
社会保険労務士の知識を持ちつつシステム開発を持っていると、総務や人事関係の仕事で採用されやすくなりますし、公認会計士の資格があると財務とか経理関係の職を得られやすくなります。まだエンジニアSE転職サイトを試したことのない方は、これを利用すれば他の媒体では入手できない求人情報を入手できる可能性が高いです。しかも、効率的にSE転職活動を行えるようコツを教えてもらうことも可能です。

コストはかかりませんから、ネットが使えるのなら活用しないのはあまりにもったいないことです。エンジニア転職先をリサーチする一つの手段として、上手に使ってみてください。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
転職を考えるSEとPGの対応と検討について
Copyright (c) 2014 転職(SE&PG)ネクストLinkage All rights reserved.