エンジニアの転職と履歴書・経歴書について ||
転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職(SE&PG)ネクストLinkage

↑ページの先頭へ
枠上

エンジニアの転職と履歴書・経歴書について

エンジニアの転職では経歴書が重視されるものですが、履歴書についても同じように重視されますから丹念に記入していきましょう。

転職で応募につかう履歴書の記載時の注意点ですが、前にいた会社の部署でどのような仕事をしていたのか、どういった貢献をしてきたのか、仕事でどういった成果と言えるものを出したのかを分かり易く伝えることです。転職を思い立ってから、仕事をじっくり探すには、それだけ時間が掛かってしまうものです。今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、仕事探しのために割ける時間は少なくなってしまいます。
そこで、ぜひ活用したいのが転職サイトへの登録です。転職サイトへ登録することにより、キャリアコンサルタントという呼び名のサポートスタッフも、一緒に協力して転職先を考え、探してくれるでしょう。

社員としていた会社名を挙げて、何年働きましたなどという機械的な書き方では、採用試験をうけようとするところの人事担当者に自分がキャリアを積んできた仕事を通じて自分をしってもらうことがまず不可能でしょう。転職を考えるときには、履歴書を有効に活用して適切にアピールをすることが欠かせないのです。転職活動は今の職を辞める前に行って、転職先が決まってから辞職するのが理想です。

今ではエンジニアにとってもアピールが重要な時代です。アピールが上手なエンジニアとそうでないエンジニアとでは仕事での待遇が大きく変わってくると言っても過言ではありません。

さて転職をする時期について気になるところですが、退職後の方が時間の余裕がありますし、時間をおかないで働くことができますが、転職先がすぐに決まらないこともあります。職の無い期間が半年を超えてしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、勢いで現在の仕事を辞職しないようにしましょう。
転職理由は書類選考や面接の中で大変重要です。相手が納得する理由でないと評価が低いものとなってしまいます。
でも、転職したい理由を質問されてもどう答えたらいいかわからない人もきっと多いはずです。ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、苦労するのが、この転職理由です。

このあたりソツなく答えるためには時間をかけて内容を考えることが大切で、これはエンジニアについても同様のことなのです。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
転職を考えるSEとPGの対応と検討について
Copyright (c) 2014 転職(SE&PG)ネクストLinkage All rights reserved.