エンジニアとして納得のいく転職理由を考える ||
転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職(SE&PG)ネクストLinkage

↑ページの先頭へ
枠上

エンジニアとして納得のいく転職理由を考える

エンジニアとしての転職理由についてですが、辞める理由が長時間労働だという場合は「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、やりがいのない仕事と思っている場合は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と記載すると問題はないでしょう。

マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、ポジティブに感じるようにすることもできます。ここが文章の面白いところです。履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度にするようにします。

サテ注意すべき点としては、焦りながら転職活動を行うと、職を決めることを優先してしまって、つい年収の事よりもすぐに働ける仕事を選んでしまうこともあるでしょう。

その結果、今までの職より年収が低くなってしまう事もあります。

だったら、なんのために転職してしまったんだろうと悔やむことになります。年収をアップしたいのであれば、ゆっくり時間をかけて、仕事を探す必要があります。転職するための活動は、在職中から始めて、転職する先が決定してから辞めるのが理想です。

退職後は、時間が自由ですし、すぐ働けますが、すぐに転職先が決まらない可能性もあります。職の無い期間が半年を超えてしまうと、就職先が減少していきますから、退職後のことを考えないで今の仕事を退職しないようにしましょう。

転職をしたいと考えた場合、まずは一番身近な家族に相談をする方がほとんどです。

家庭を持つ方でしたら、家族と話し合いをしないで転職をしてしまうことは止めておくべきでしょう。家族と話し合わずに転職すれば、そのことが原因で離婚に至る可能性なんかも出てきます。

転職するときに求められる資格は、専門職の他は、そんなに多くないようですが、所有している資格が有利に働くということでは、やはり、国家資格が強いといえます。

それと、建築、土木関係の場合、「業務独占資格」と言われる建築士のような、その資格を所有していないと実際に働くことができないという仕事がたくさんあるため、狙い目となっているかもしれません。転職の際に、仕事をじっくりと探そうと思うと、それだけ時間が掛かってしまうものです。

仕事しつつ、同時に次の仕事を探すとなると、仕事探しに費やすことができる時間は多くは取ることはできないでしょう。エンジニアは忙しいですから、効率よく動くようにしてください。
枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
転職を考えるSEとPGの対応と検討について
Copyright (c) 2014 転職(SE&PG)ネクストLinkage All rights reserved.