エンジニアの転職と面接で気を付けること ||
転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職(SE&PG)ネクストLinkage

↑ページの先頭へ
枠上

エンジニアの転職と面接で気を付けること

面接の場では、身だしなみには返す返すも注意しましょう。

清潔感のある着こなしで面接にチャレンジするということが大事です。エンジニアは特にこの編は注意してくださいね。

さて、緊張であがってしまうとは思いますが、じっくりとシミュレーションしておき、本番に備えるようにしておいてください。面接で質問される内容はほとんど決まっていますから、予め答えを準備しておくことが大切です。
転職理由は書類選考や面接の中で非常に重要視されます。相手に理解してもらう理由でないと評価が下がります。

いきなり、転職する理由を聞かれたとしても上手く答えられないという方も多いと思います。
多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この転職理由で悩むこととなります。ここも事前に考えておいてください。


お金に困らない暮らしをしたいなら、出てくる答えとしては公務員だなぁとそう考える方々が少なからずいると思います。よく考えるまでもなく、立場や生活の保障という面では一番の選択肢は公務員以外にはありません。これはエンジニア職でも同じ。言われてみれば公務員は中小企業ではたらくのに比べたら破産する可能性は極めて低いので、中年あたりの方が途中採用で公務員の身分になりたいと思う可能性は多いにあります。

転職するための活動は、在職中から始めて、転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職先がすぐに見つからないケースもあります。
無職の期間が半年以上になると、ますます就職先が減っていきますから、退職後のことを考えないで今の仕事を退職しないようにしましょう。


さて、転職のプランを見てみると多くの人が自分が何をやりたいのかをハッキリさせて転職を考えているはずですよね。

でもその仕事について思い違いはないかどうか、自分が考えているようなキャリアをその企業が求めているのかということを再確認することも必要ですね。

中途で入社となりやすい時期はしばしば言われるのが、4月あたりと10月あたり。

というのも、これには新人教育との絡みがあり、新人教育と一緒に実施することができるというもので、業務効率が上がるというのが理由でもあります。

どのような転職理由がいいかというと、はじめに、本当に転職する気になった理由を思考してください。

そのままストレートに言うわけではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。

次に、それをポジティブな印象になるように説明する方法を変えてください。長々と転職の理由が続くと言い訳しているように受け取られるので、手短に説明しましょう。評価されるエンジニアとなるためにやれることはドンドンと行っていきましょう。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
転職を考えるSEとPGの対応と検討について
Copyright (c) 2014 転職(SE&PG)ネクストLinkage All rights reserved.