SIerの業界構造と転職 ||
転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職(SE&PG)ネクストLinkage

↑ページの先頭へ
枠上

SIerの業界構造と転職

今ではほぼすべての会社でITシステムが導入され利用されているといってもよいぐらいですが、そのシステムを支えているのがSIerであることは誰もが認めるところでしょう。

「社内の業務効率化を!」から「社内にITシステムを導入を!」となり、その際にはSI-erが利用されることになります。そして多くのSI-erがあるということは多くのITエンジニアがSI-erで働いているということでもあります。

ここでSIerの構造を見ていくことにします。一口に、SI-erといっても、企業からの発注に対して最初に窓口となる、いわゆる一次請けSI-erから、その要望に対して実際にシステムを組む下請けSI-erなどSi-erもいくつかに分かれます。

一時請けSIerというとよく知られているのは、メーカー系のSIですがそれ以外には、NTT系SIer(NTT●ータ)や大手総研系のSIer(●村総研)などでしょう。

こうした梯子型の構造は、建設業界と似た構造でもあります。当然ながら一次請けSI-er(プライムベンダー)が最も利益率が高く、働くエンジニアの待遇が良くなるのは言うまでもありません。今から一次請けのSI-erに入社して働くことは無理なのか。。。と思ってしまいがちですが、実際のところ転職により下請けSI-erから自分の希望するSI-erで働くことになったエンジニアも多くいます。

この辺りは、タイミングにもよるところがありますので、前にダメだったから今もダメだとは一概にいえないですし、即戦力を求める会社であれば、経験豊富なエンジニアを中途で採用するケースはよくありますからね。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
転職を考えるSEとPGの対応と検討について
Copyright (c) 2014 転職(SE&PG)ネクストLinkage All rights reserved.