SEとしてのステップアップ ||
転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職(SE&PG)ネクストLinkage

↑ページの先頭へ
枠上

SEとしてのステップアップ

SEとして働き始めるには、一般的に、最初はプロジェクトのプログラマーとして働くことになります。プログラマーといっても様々です。経験を積んで来れば、プログラミング業務についての進捗管理をすることも出てきます。そしてその後経験によって、SEとしての業務を任されるようになります。

SEとして働く場合は、自分でガリガリとコードを書いていくというよりもプロジェクト全体に進捗管理や調整をすることが多くなります。コーディングで不具合があればPGに修正を依頼するケースもあれば自分で修正してしまうケースもありますから、コーディングについての機会がゼロになるというわけではありませんが、プログラマーのころよりも圧倒的にコーディング作業は減るのが普通です。

自分はとりまとめよりもコーディングをするのが好きなんだという人はSEになるよりもPGのまま活躍した方がいいケースもあります。そしてSEとして経験を積んでいくと、SEの中でもより上流の仕事を任せられることが出てきます。プロジェクト全体の調整であったり管理の仕事ですね。
これがより進んでくると、PM(プロジェクトマネージャー)の仕事の一部を任せられるようにもなります。プログラマーからシステムエンジニアへ、システムエンジニアからプロジェクトマネージャーへステップアップしていきたいという人には好ましい流れであると思います。

しかし、管理をするのがどうしても向かないという人にとってはPMの仕事はストレスがたまってばかりの仕事となるかもしれません。その場合は、誰かに相談してみるのも必要です。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
転職を考えるSEとPGの対応と検討について
Copyright (c) 2014 転職(SE&PG)ネクストLinkage All rights reserved.