SEとして働き始めるまでに ||
転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職(SE&PG)ネクストLinkage

↑ページの先頭へ
枠上

SEとして働き始めるまでに

ITエンジニアとして働くのであればSEになりたいと考える人は多いのではないでしょうか。ではSEになるにはどうすればいいのかについて少し説明をいたします。

SEというのは業務のキーパーソンという立場になります。キーパーソンであるということは、SEの働きによって業務の成否が決まることもあるといえます。プロジェクトにおいてとても重要な位置にあるのがSEなのです。

こうしたことから、新人として入社した時点からSEとして働くということはまずありません。例えばSI会社に入社した場合、最初はPGとして働くことになるのが一般的です。ある意味下積みの期間だとも言えますが、PGはシステム開発の基本です。言語への理解は別としてシステムについての仕組みがわかっていなければプロジェクトを取りまとめることもできません。

そのため、最初はPG(プログラマー)としてシステムの基礎を学ぶということから始まります。その後、PGの中でも徐々にとりまとめ的なPGに就くことになります。いわゆる上級PGですね。システムの要件がかかっていればそこから何が必要かを判断し、自分が率先してコーディングを進めて取りまとめる立場のPGです。

プロジェクトによっては上級PGの下に下級PGが数人ついて開発を進めることも有ります。上級PGは自分がコーディングするだけでなく、そのグループにいる下級PGのフォローをすることも求められます。

そしてPGとして経験を積んだのちに、適性によってSEの立場を任されるようになります。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
転職を考えるSEとPGの対応と検討について
Copyright (c) 2014 転職(SE&PG)ネクストLinkage All rights reserved.