SEの業務範囲は幅広くなってきている ||
転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職(SE&PG)ネクストLinkage

↑ページの先頭へ
枠上

SEの業務範囲は幅広くなってきている

世間では、ITエンジニアというとSE、あるいはSEというとITエンジニアというようにSEというのはITエンジニアの代表格のような扱いを受けています。確かに、SE=システムエンジニアですから、システムに関するエンジニアならばITプロジェクトについてすべてを網羅していると思われても不思議ではないかもしれません。

しかしSEというのはシステム開発においての1つの職種であり、SEとともにPG(プログラマー)やPM(プロジェクトマネージャー)、さらにはテスターなどが協力し合ってプロジェクトの完成に向けて業務を進めているという姿が一般的です。

ただしSEというのは守備範囲は広いです。PG的な役割としてソースチェックやソース修正、そして基本設計でざっくりとしたコードを書くことはよくあります。また、チームを取りまとめるSEとしてマネージメント業務につく場合もよくあります。こうなると一部PM的な業務にもかかわってきます。

つまりSEというのはITプロジェクトにおいて1つの職種ではあるけれども、幅広い業務を受け持つことが要求されるというものなのです。そのため、SEに求められる要件というのもまた多くなります。最近ではSEのなかでも上流SEと下流SEとに分けて、業務分担をしてプロジェクトを進めていくこともよくあります。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
転職を考えるSEとPGの対応と検討について
Copyright (c) 2014 転職(SE&PG)ネクストLinkage All rights reserved.