エンジニアと将来も役立つキャリアについて ||
転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職を考えるSEとPGの対応と検討について

転職(SE&PG)ネクストLinkage

↑ページの先頭へ
枠上

エンジニアと将来も役立つキャリアについて

エンジニアにとって業務経験というのはとても重要です。業務経験というのは単に「エンジニアとして働いていた」というだけではなく、どんな業務に就いて働いていたのかということが重要です。何かの分野に特化したエンジニアというわけです。何かの言語でもよいですし、あるいは業務内容(開発や移行、テストなど)、あるいは職種など(金融、保険など)、特化する対象は様々です。

もっとも最近では、オープン系の開発経験をもつエンジニアがとても重宝されていますね。Javaや.NETでの開発の仕事というのはとても多いです。一方、昔かなりあった汎用機の開発や運用というのは数は減ってきています。

さて業務経験にも様々なものがありますが、中には若い人であれば重宝されるけれども年齢が上の人については経験があってもなかなか仕事に就くことができないというものもあります。

例えばコールセンターの経験などがそれに当たります。コールセンターの仕事というのは数多くあります。そのため、コールセンター業務に就いて経験を重ねている人も多いことでしょう。しかし、コールセンター業務というのは一般的に若い人が好まれます。この理由はいくつかありますが、1つは現場でのプロセスやインシデント管理システム、またサービス内容を覚えて使いこなすのに若い人の方が物覚えがよい、ということころ、あとは現場で働く周りの人が若い人が多いために、年齢を合わせないと浮いてしまうという懸念です。

そのためには、若いうちに現場でバリバリ働くことができても、将来のためにはマネージメント経験を積み重ねていくことが大切になるのです。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
転職を考えるSEとPGの対応と検討について
Copyright (c) 2014 転職(SE&PG)ネクストLinkage All rights reserved.